05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

小屋番日記

  // 

梅雨の晴れ間に八ヶ岳山行  

6月9日10日と八ヶ岳に出かけた
この山は20代前半から入らせて貰っている
何かとお世話になった馴染み深い山域だ

今回の目的は地元鈴鹿の山にて知り合いになった方と
安全な岩歩きや梅雨の晴れ間の雲海を愛でる山行とした

あいにく両日共に見通しは効か無かったが
その分遠く南の海上にある台風の影響から
いつもとは違う南から流れる雲海に
地球が生きている証を見ることができた
参加した皆さんは楽しまれただろうか

深夜美濃戸口に集合し、早朝美濃戸山荘まで移動
いつもの赤岳山荘から行者小屋に向けて登山開始

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

竜ヶ岳登山道整備 

6月2日竜ヶ岳登山道整備を実施した
前回に続き中道登山道の道迷い対策と
中腹の蛇谷の分岐から下方にある深く掘れてしまった
轍の迂回路策定が今回の作業になる

今回も整備道具一式を歩荷する
今日の装備を紹介しよう

整備装備一式
チェンソー・燃料2L・チェンオイル・カケヤ・セットハンマー
電動インパクト・道標用の杭2本・道標用のプレート2枚・ビス各種
目印テープ黄色・赤・プレート固定ワイヤー・トラシマロープ10m
ペンチ・ニッパー・ナイフ・ライター・チェンソー用プラグ・工具
ドライバー・チェンメンテナンスやすり・ヘルメット・ナタ・手鋸
皮作業グローブ・

登山装備一式
食料・飲料水1.5L・シェラカップ・エスビットストーブ・エスビット固形燃料
レインウエア・ブルーシート・携帯予備バッテリー・デジカメ・ヘッドライト
ヘッドライト予備バッテリー

レスキュー装備一式
ハーネス・シュリンゲ4本・カラビナ6枚・エイドセット・傷口洗浄用水1L
無線機・予備バッテリー・

この他にもパートナーが、トラシマロープ50m・テープ黄色・赤
他を持って入山した、いつも協力してくれて感謝だ


総重量は約30㎏これを30年付き合った背負子で担ぐ
-- 続きを読む --
竜ヶ岳登山道整備の会  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

竜ヶ岳登山道整備 

5月27日竜ヶ岳登山道整備を実施した
先日調査した中道の倒木処理と何故かなくなってしまった
目印の取り付けが主な作業内容だ

中道ガレ付近の急登に倒木がある
-- 続きを読む --
竜ヶ岳登山道整備の会  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

竜ヶ岳中道登山道調査 

5月20日、竜ヶ岳登山道調査に上がってきた
登山は金山尾根下山は中道である

金山尾根はあと2回ほど手を入れれば、今年は持ちそうな状態
問題は中道、前回整備を行ったのが4年以上前になり
昨年仮整備を実施したが、自然の崩壊に追いついていない現状です


金山尾根はいつも沢山の方に利用していただいています
-- 続きを読む --
竜ヶ岳登山道整備の会  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

三重岳連山岳登攀講習会 

御在所の岩壁を利用した登攀講習会に参加しました
目的がスポーツクライミングではなくレスキューが目的の為
普通の登山靴にて登攀をする講習会です

壁としての難度は低いですが、実際に登山靴で登攀すると
レベルが2段くらい上がる感じです

最近は壁から離れている為、感を戻すには時間が掛かりそうです
地道に壁を触り慣れていくしかありません




三重山岳連盟  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

~鈴鹿の山から世界の山へ~ 

鈴鹿の山から世界の山へ

三重県いなべ市の山と言えば竜ヶ岳と藤原岳
その竜ヶ岳で何やらスキーをしている怪しい方を発見
その出で立ちと尋常じゃないハイスピードに
唯ものではないオーラを感じます

実はこの方、山岳スキー競技の選手で
日本はもとより海外レースにも参戦している
山岳アスリートの小寺教夫さんです
fc2blog_20180517234046907.jpg

この方竜ヶ岳が見渡せる麓に生まれ
気が付けば山とは離れられないほど超付く山岳おバ・
いやいやウルトラ山岳アスリートです(誉め言葉)

私と同じ三重県山岳連盟に所属していて
日本代表として世界選手権を目指しています
鈴鹿から・・竜ヶ岳から世界へを目標に
鈴鹿の山いなべ市の山々を駆け回っています 

雪の無い現在はスカイランニング選手権の練習用として
スキーをトレランシューズに履き替えて
竜ヶ岳や藤原岳に出没しています
もし遭遇しても怖がらずに応援してあげてください!!

以下小寺選手のブログをご覧ください
~鈴鹿の山から世界の山へ~
山岳アスリート、小寺教夫が送るMountain lifeのブログです。




ご案内  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

竜ヶ岳登山引率・シロヤシオ開花情報 

5月12日、地元小学校コミュニティーによる竜ヶ岳登山が開催され
登山支援としての引率依頼があり竜ヶ岳に登ってきました
当日はシロヤシオの開花が重なり沢山の方々が登山されていて
久しぶりに賑やかな山行を楽しむことができました

入山は金山尾根、下山は遠足尾根
両登山道は現在竜ヶ岳の中で整備が進んでおり
安心して歩くことが出来ます

金山尾根中腹では三つ葉ツツジの開花も進んでおり
鮮やかな紅色を見ることができる
-- 続きを読む --
いなべ市の山  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

谷川岳 

5月5日谷川岳に上がってきた
本当は4日に積雪期東稜登攀の計画であったが
残念ながら雪がなく悪天候にも見舞われて撤退を期した
既に群馬県登山条例の届け出は済んでいるが致し方ない

と言う訳でとりあえず谷川岳である・・・

今回の装備は東稜を上がり稜線の雪稜にてテント泊
そして鍋を囲む至って普通の装備だ
この季節は肉の持ち込みも外気温が冷蔵庫みたいな世界だから安心だ
しかしこの後日帰り登山へと変貌する・・・
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

2018.4.27~西穂~奥穂へ 

己の小ささ弱さを知る旅に出る

人は日常から隔離され極限状態に置かれた時
本当の自分が見えてくるらしい

人は決して万能な生き物ではなく
一人では何も出来ない生物だ

この旅は人として何を考え行動するのか
自らを知る探求の旅でもある

果たして自分には何が見えるのか
2018.4.27~西穂~奥穂へ


4日分の食料と冬季登攀装備を48Lに詰め込む
小型軽量化に徹してみた食料だけはかさばる
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

竜ヶ岳登山道整備  

4月21日竜ヶ岳登山道整備を実施
今回は前回途中となっていた金山尾根上部を再度実施した

今回は装備が多量にあり、久しぶりの歩荷訓練を味わう事ができた
やはり時々この様な負荷は必要と実感したのだった
-- 続きを読む --
竜ヶ岳登山道整備の会  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

雨の御在所岳 

年始遠征に出かけた先で知り合った方と
雨の日の御在所にて4ヶ月振りの再開である

自身雨男を自負する身として
迷惑甚だしいと承知の上で山行を計画したが
やはり雨で落ち着いた

逆に静かな山行となり結果良かったかな?


小雨が降る中地蔵岩から菰野町を見下ろす
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

竜ヶ岳登山道整備 2018.4.14 

4月14日竜ヶ岳登山道整備を実施
今回の計画は金山尾根上部の轍改修ですが
昼前から雨の為一旦中止としました

この辺りは雨が降ると登山道が川の様に水が流れます
掘れてしまった登山道を避けるように歩くため
歩行帯が広がり周辺の植生に影響が出始めている場所です

よって倒木を利用して砂防の設置を行い
自然の力を借りて底上げを実施しています

上層部仮設置
-- 続きを読む --
竜ヶ岳登山道整備の会  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

藤原山荘トイレ修繕 

北鈴鹿山岳協会主催の藤原山荘トイレ修繕に参加した
入山は裏道登山道、聖宝寺から上がることにした
この登山道は数年前まで崩壊にて通行止めであったが
三重岳連の有志にて修繕され、現在は立派に復活を遂げた
ありがたく歩かせていただくとする

崩壊現場を抜ける、山にはケルンがよく似合う
-- 続きを読む --
いなべ市の山  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

竜ヶ岳登山道調査 

18年度竜ヶ岳登山道整備に向けて登山道実地調査実施

今年度は金山尾根・遠足尾根・中道を実施予定
また、植生保護にも力を入れて取り組みます

北河内林道終点に車を止めて入山
此処の吊り橋は老朽化のため撤去しました
丸太橋があるので注意して渡ってください
-- 続きを読む --
竜ヶ岳登山道整備の会  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

九重連山を巡る旅  

九重と久住

時に論争の舞台となった地

九重連山と久住に抱かれる旅に出た
一人旅が好きな自分なのだが
この時ばかりは当地の大先輩に
ご同行を切にお願いした

中部空港から雲の上の人となる
仕事の出張を機に九重への旅を計画したが
この装備を見ればもはやどちらが主なのか不明である
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

伊吹山冬山技術セミナー 

3月4日三重岳連冬山技術セミナーに参加した
今回のセミナーは伊吹山上平寺より入山
このルートは初めて入らせてもらったが
駐車場は上平寺参拝者用と思うが一般開放している様だ
今回は地元の方々のご好意に甘えさせていただくとする
DSCN0788.jpg
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

竜ヶ岳登山道調査  

竜ヶ岳登山道調査を実施
今回のルートは金山尾根を上がり遠足尾根を下山
状態としては倒木等は無し、残雪は山全体の2割程度
融雪によりぬかるみが進行しています
スパッツがあれば良いでしょう

林道終点から宇賀渓本流をを渡渉
吊り橋は3年前に老朽化のため撤去済
地主の方が好意で丸木橋を架けて頂いていますが
増水時には流れていることもあります
普段は岩つたいにて容易に渡ることができます
-- 続きを読む --
登山道情報  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

伊吹山個人山行 

毎年恒例にしている伊吹山山行に出かけた
五合目までは一般ルートを上がり展望台に抜ける直登ルート
ノントレースのラッセルと山頂直下の雪庇が目当てだが
今年は積雪量が少なく練習不足になりそうだ

団体のグループに挟まれて入山
DSCN0762.jpg
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

御池岳冬山技術セミナー 

地元山岳連盟冬季山行講習会に参加した
冬季閉鎖中の国道脇にテン泊し2日間滞在
雪中泊とラッセルの訓練、そして宴会の訓練も欠かさない
天候は時折吹雪く中カタクリ左岸尾根から支尾根を抜け
一般ルートを御池岳に向かった
目的地はボタンプチだが、ラッセルによる山行の為
残念だが時間切れとなった

国道を歩き入山ポイントを目指す
DSCN0751 (2)
-- 続きを読む --
三重山岳連盟  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

御在所Ⅲルンゼ 

御在所Ⅲルンゼアイスクライミング講習会に参加した
登下山は御在所ロープウェイを利用した

山頂駅直下は本谷だ、このルートは登山地図に無い
バリエーションルートだが降雪後は沢山の方が取り付いている
DSCN0737 (2)
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top