FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

小屋番日記

  // 

涸沢から奥北穂へ 

毎年5月の声が聞こえると
ソワソワして落ち着かない

定職があるがゆえに休みは
羽を伸ばしたくなるもの
いつしか職を離れると
それも感じなくなるものだろうか

今回の鬼装備
衣食住たっぷりあり
相変わらず断捨離は出来ていない
 
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

南木曽岳  

南木曾岳
木曽駒の南の山、命名が単純であるが
思えば北アはこういう名前が多いと今更だが気づく

駐車場脇の道標には縦軸で時間が表記されている
尺度よりも時間と山の形状を主観にした表記で面白い




-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

赤岳鉱泉アイスキャンデー 

3月16日八ヶ岳へのアプローチ美濃戸口赤岳山荘駐車場にお世話になる
毎年入山させていただいている山域ではあるが多種多様の登山が出来る
良いフィールドが沢山あり気分が高揚する


-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

御在所3ルンゼアイスクライミング 

2月16日 鈴鹿は御在所岳の3ルンゼにて
アイスクライミングに講じてきた

当日は午前中は良いコディションであり
午後から天候が崩れて荒れると踏んだが
思ったよりも早く冷気が谷を抜けた為
早々に引き上げる事となった

氷の状態は藤内小屋の主人情報通り
昼間は気温が高いが夜間はきっちり冷える為
多少柔らかいのを除けば氷の状態は良好であった

藤内沢出合からハーネスアイゼンを装備し
3ルンゼに向けてバリエーションルートをあがる
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

厳冬期の西穂高岳 

2月9.10日と厳冬期の西穂高岳に上がってきた

今年の西穂は本当に降雪が少ない
先週の竜ヶ岳もそうであったが
ここ西穂も低木が見えるくらい少ない

そんな中毎年恒例の西穂巡りの時が来た
冬の八ヶ岳、宝剣岳、そして西穂が定番化してきている

9日西穂山荘に入る、山荘前のテント場も積雪が少ない
三連休だが悪天予報の為入山者は少ないようだ
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

冬山講習会 

1月27日 冬山講習会に参加した

場所は御在所藤内沢を裏道を使わず出合いまでラッセルし
3ルンゼアイスクライミングが今回の目的である

左岸に登山道が見えており時折通過する登山者に
何をやっているのか?と思われながら腰下ラッセルが続く

-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

南八ヶ岳 天狗岳  

1月20日 南八ヶ岳は天狗岳に向かった

この日は各地に於いて低温注意報や
所によっては警報が発令された日だった

この天狗岳も同様に登山に於けるベストの天候ではない
しかし今回は登頂よりも低山に於ける雪上歩行が主目的
であり有意義な1日を送る事が出来た


渋の湯の駐車場に止めさせて頂いた
寒い中1台1台を案内している方に感謝だ
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

厳冬期の宝剣岳  

1月19日 厳冬期の宝剣岳
毎年テーマを決めて入っている山域の一つだ
通年営業のロープウエイがありアプローチが楽なのもある

今年も満を持しての入山である
当日は素晴らしく青い空が出迎えてくれた
今回は冬の宝剣が初めての方を安全に剣先に立ってもらう
これが今回のミッションである

しかし八丁坂を乗り切れば豪風の尾根が待っていた
強風の中今回のルートを注意深く観察し
安全確保が可能と判断し登攀を実行した

朝の空は湿度が低くスカイランが目に痛い

-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

冬山講習会 

1月13日 御在所3ルンゼにて冬山講習会があり参加してきた

アイスクライミングでは無く限られた装備で
フィックスを張った氷とミックスの斜面を
安全に早く通過するのが目的である
-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

伊吹山冬季山行  

1月6日 冬季の伊吹山に上がってきた


今年の伊吹山は降雪が例年の5分の1程度しかない
山頂売店群の屋根がまだ隠れていない
 
これ程降雪しない伊吹山も10年近く見たことがない

そんな中、毎年年初めは登る事にしている故に
降雪状態の確認を兼ねた山行でもある
 

伊吹山表の玄関口上野の三之宮神社横から入山


-- 続きを読む --
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top