FC2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

小屋番日記

  // 

新穂高・鷲羽岳 

行ってきました、久しぶりの北アルプス。

今回は、静かな山と周囲の山を愛でる3泊4日の旅をしてきました。

入下山ポイントは、新穂高です。

新穂高から鏡平を抜けて、双六岳や三俣蓮華岳、鷲羽岳を最終目的に設定です。

入山2日目の天候が悪く、1日停滞しましたが、そのおかげで出会いもあり、

明けた3日目は快晴にも恵まれ、すばらしい山行きとなりました。

でも顔がヒリヒリです・・・。


今回の装備はこんな感じです、これにサブザックが加わります。
P1090620_convert_20121015190621.jpg

まずは新穂高登山指導センターに登山届けを出します、お約束ですね。
P1090628_convert_20121015205417.jpg

ロープウェイ乗り場の前を抜けて、左俣林道に向かいます。
P1090629_convert_20121015210328.jpg

わさび平小屋です、ちょうど良い所に立っています、前を冷たくて綺麗な川が流れています。
P1100019_convert_20121015194737.jpg

中腹の紅葉は既に終わっていましたが、綺麗な風景でした。
P1090661_convert_20121015190926.jpg

右手には槍ヶ岳が遠くに見て取れます、小槍もくっきり見えました。
P1090641_convert_20121015190853.jpg

わさび平から3時間も歩けば、鏡平に到着です、ここは逆さ槍が有名ですが
あいにく風が吹いていて綺麗には見えませんでした、残念。
でも、西鎌尾根から穂高の稜線が見事に映えて見えました。
P1100010_convert_20121015194615.jpg

そして鏡平山荘と弓折岳です、気持ちのいいロケーションに疲れを癒されます。
これから、後ろに見える稜線まで登ります、気持ちよさそ~。
P1100008_convert_20121015194525.jpg

遠くに双六小屋が見えてきましたが、ガスが出てきて雲行きが怪しくなってきました。
P1090697_convert_20121015220638.jpg

今日から、ここのテント場に連泊します、ここをベースに周囲の山を歩きます。
一番左が我が家のゴアライトです、結構長く連れ添っています。
P1090701_convert_20121015222011.jpg

昨夜から明けて午前中は、天候が大荒れで、風雨が強く、また霰もあり
停滞を決めました、ところがお昼前から突然晴れ間が見え出した為、
急いで槍ヶ岳の展望台まで上がってきました。
後ろに見えるのは、双六岳の稜線です。
P1090729_convert_20121015205517.jpg

展望台からの眺めは最高です、朝の天気からは想像できない景色です。
北鎌や西鎌が見事でした、旅は急がず停滞を決めて正解でした。
P1090800_convert_20121015191306.jpg

よく冷えた3日目の朝です、気温はマイナス5度でした、
今日は双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳を巡ります。
見えているのは、三俣山荘と鷲羽岳です、左には黒部五郎も見えます。
P1090843_convert_20121015191339.jpg

双六に向かう稜線からの眺めです、逆光で槍がシルエットになってます。
P1090863_convert_20121015223022.jpg

双六岳に続く登山道です、ここの山頂は心を穏やかにしてくれます。
P1090873_convert_20121015224106.jpg

三俣山荘と鷲羽岳が見えてきました、大きい~登りがいがありますね。
P1090941_convert_20121015194225.jpg

三俣山荘の二階は展望食堂になっていて見晴らし抜群でした、カレーライスを頂きました。
P1090942_convert_20121015194305.jpg

2924メートルの鷲羽岳山頂に到着です、すばらしい展望に時を忘れます。
P1090958_convert_20121015194353.jpg

珍しく山頂での自分撮り、後ろに見えるは雲に隠れし槍ヶ岳。
日差しもありあったかい様に見えますが、気温はジャスト0度です。
P1090954_convert_20121015235038.jpg

山頂からの鷲羽池の眺めです、周囲の険しい稜線と、丸い池との対比が良いですね。
P1090967_convert_20121015194446.jpg

4日目に下山しました、累計標高差2900メートル、歩行距離35キロメートル、
疲れない程度で、気持ちのいい山行きでした。
P1100022_convert_20121015230124.jpg

こんどは雲の平や、黒部五郎岳や薬師岳を自分の目でも見に行きたいですね。

おかげさまで、今回の山行きは、忘れられない旅になりました、

ありがとうございました。

スポンサーサイト
山行記録  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top