FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

小屋番日記

  // 

竜ヶ岳 

12月18日現在の竜ヶ岳登山道情報。
随時更新の為詳しくは現地にて確認願います。
及び現実が優先されますのでご了承願います。
山頂直下の表、中、県境尾根共に登山道の積雪は50センチ以上に達しています。
これより気温の低下に伴い凍結になる模様です、滑り止めの装備を実施してください。

気象庁発表の警報注意報は出ていません。
週末は低気圧が西日本から東日本に掛けて通過し、天候が不安定になります。
寒気が入るため、装備には防寒対策を取り入れてください。
気象庁の週間予報天気図を見て、登山計画を立てましょう。
日入り時刻が早く、16時にはヘッドライトが必要になります、早めの入下山を心がけましょう。

◎遠足尾根
 12月16日現在積雪は、尾根筋30センチ程度登行に危険箇所なし
 遠足尾根登山口より急登を約50分で尾根に出ます。
 その後約30分で展望開けます。
 尾根上は常に風にさらされる為、防寒対策をして下さい。
 笹原は降雪後には積雪50センチ以上になり、ワカンかスノーシューがあると便利です。
 裏道出合周辺は雪屁が発達するため谷には近付かない様にしましょう。

◎裏道登山道(ホタガ谷)
 9月22日現在より、土砂崩れにて通行止めです。
 開通は未定となっています。

◎中道登山道(ヨコ谷)
 沢沿いのルートは土砂崩れが発生していますが、注意すれば歩行できます。
 ガレ場付近急登な為、登行には注意してください。
 ガレ場には立ち入らないでください、滑落危険です。
 12月16日にマーキングを、冬季用に補修追加を実施しました。
 ガレ場までのルートは、基本的にヨコ谷の左岸が登山道となります。

◎石榑峠
 竜ヶ岳より県境尾根三重県側のガレ場付近もろい為立ち入り厳禁。
 重ね岩付近の急斜面歩行時は注意してください。
 滋賀県側で花崗岩の風化した場所は、足を滑らせて滑落の危険があります、
 登り始めから重ね岩下部まで砂地は滑ります。
 9月13に、重ね岩周辺および花崗岩の滑りやすい箇所に看板を4箇所設置しました。 
 石榑峠を滋賀県側に迷う方がいます、地図にて方向の確認願います。
 登山道は積雪の吹溜りになり歩行注意。
 
◎小峠~長尾滝ルート
 中道の分岐部迷い易いため山腹道利用をおすすめします。
 五階滝渡渉は注意してください。
 長尾滝より下流域に土砂崩れが発生しています、徒渉困難箇所があります
 徒渉ルートを変更しました、また新設してあります、
 10月16日に長尾滝周辺に○×マーキングをを追加してきました。

◎小峠~砂山ルート
 分岐より急登になりますが、危険箇所なし。
 砂山から遊歩道整備されており歩行に問題なし。
 遊歩道の70%は石積みの階段になります。
 砂山からの展望良好、尾根道は歩きやすいルートです。
 砂山は降雪時も問題なく歩行できます。

◎魚止滝周辺
 往復1時間の散策に好適地です。
 滝の周辺川原に降りられ、水遊びが出来ます。
 滝周辺は大岩が点在し休憩に最適です。

◎燕滝ルート
 危険ですので現在ご案内していません。
 溯行する必要あります。

◎砂山滝めぐりルート
 周遊約4時間で廻る事が出来ます、高低差350m距離約8キロ
 遊歩道と登山と渡渉が程よく織り交ぜられたルートです。
 長尾滝周辺の川岸が崩れて、徒渉困難な状態となっています。
 各所にはロープを張ってありますが、無理をせずマーキングに
 したがって歩行をしてください
スポンサーサイト
登山道情報  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://timberland1099.blog.fc2.com/tb.php/140-30309558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top