FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

小屋番日記

  // 

三重県遭対協合同訓練 

先月7月25日26日と三重県大台町宮川村にて、消防警察岳連合同救助訓練が開催、

三重県山岳連盟遭対協の公募により、この訓練に参加させていただきました。

話しによれば、1日目は机上講習、二日目は実地講習とのことだったため、

さてどちらへ参加するかと思案して見たが、片道130キロ以上も彼方での集合に、

考える術も無く1日目からの参加と相成った。

何しろ高速を2時間半、距離130キロに耐えうる手段を持ち合わせておりませぬ故、

便乗よろしく仰せのままにであります。


初日は警察署にて座学からスタート、捜索救助における地図読みなど
GPS座標の誤りから本来の位置特定方法などを学びました
しかし参集された面々を見るにつけ、滋賀県の訓練時にも感じたが
場違いなところに来てしまったのかと・・・何しろ前のお方機動隊員ですからね
P1020678a.jpg

お昼からは隣の消防署に場所を移し、ロープワークの講習を実施しました
P1160843a.jpg


カラビナを利用した各種ヒッチの練習を反復しながら学びます、

この時気づいたロープの太さ、消防のロープは13~14ミリは有ろうかと、

もうクライミングロープとは次元が違う、エイトノットはまだしもダブルフィッシャーマンは、

どれだけ力を入れて結んでも、結び目がスカスカで指が入るくらいだし、

なにしろクローブヒッチがカラビナに入りきらない、恐ろしや消防隊員の腕力!



足元に這っているのはホースじゃないよ、ロープですよ!
P1160844a.jpg

基本的なロープワークを実施後は懸垂下降の講習
この辺りは消防さんは手馴れたものです、警察さんには頑張ってもらいましょう
P1160846a.jpg

初日の訓練は基本的な事を行いましたが、結構判っていてもあれって
なる事しばしあり、ほんと夜中にこっそり誰かを縛らんと覚えられんな?
このあとは近所の温泉に浸かり美酒をいただき、
そしてお宿の家宝にねじれるおなかを押さえながら、宵も更けていくのであった・・



翌日は背負い搬送を一通りレクチャー、これは市販のザックをそのまま利用
見た目はなんだが、背負われる側は結構いいらしい
これで足を固定すれば完璧なんだとか
P1160849a.jpg


実地訓練開始、斜面に取り付きます
P1160852a.jpg

今回は色んなケースを見せていただいた、開放したテープを使用し
その場にあわせてリングベンドにてシュリンゲを作る方法
P1160854a.jpg

立ち木が様々であり、シュリンゲの長さで迷ったらこれが最善の方法かも知れない
P1160855a.jpg

これは言わずと知れた三倍引き上げシステムかと思いきや
P1160856a.jpg

支点のバックアップであった、立ち木が重量に耐えない状況を想定して
支点其のものを三倍システムにてバックアップしておくという物だ
これにより例え支点が折れても、シュリンゲが交差されている為抜け落ちず
三倍システムがそのまま支点となる、でも何故三倍なのかは難しいところだ
恐らくターンバックル効果を狙っているのだろうか
P1160857a.jpg

こちらは本当のバックアップ、メインロープの三倍引き上げオートブロックリセット時に
テンションを切らせない配慮だ、しかもオートブロックをダブルで使用している
P1160862a.jpg


消防山岳救助訓練




次は消防警察岳連合同によるチームAとBを結成、リーダーを選出し担当を決め、

何処でどの様にな状態かは知らされないまま、無線からの状況に聞き入る、

次に救助装備と応急手当の装備を決定して、現地に入り捜索救助を実施する。

A班はK氏、B班は私がリーダに選出されてしまった、

もう少し予習をしてくればよかったなと思ったが手遅れである。


A班の要求者は岩場を滑り落ち、右腕を骨折の疑いがある
また外傷は無いが、足は打撲か亀裂等の疑いがあると診断した
P1160870a.jpg

頭上の安全を確認の上で現地にて応急手当を実施
P1160873a.jpg

簡易ギプスを三角巾にて固定、さすが消防隊員は手際がいい
自分では痛がる要求者をなだめながら手当てをするのは骨が折れそうだ
P1160876a.jpg

要求役の演技もすばらしく、ほんとに居そうでちょっと腹が立った(笑
C古氏いい仕事しています、お疲れ様でした
P1160877a.jpg

しかしA班リーダーK氏は一枚上手だった、流石の対応に一同なるほどと関心
P1160881a.jpg


次はB班の番であるが、記録を取れなかったのであしからず、

一言でいえば、う~んまだまだやにぃ~。

参加された皆さんお疲れ様でした、消防警察の方々熱い中ありがとうございました。


スポンサーサイト
三重山岳連盟  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top