FC2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

小屋番日記

  // 

本谷登攀  

前日の夜に本谷に行く方の情報をいただいた、

聞けばベテラン山屋のお誘いらしい。

本谷か・・今年はまだ行ってない、また暫くは降雪も望めそうもない、

ご一緒にいかがでしょうと、嬉しい誘いに「もちろん行きます」と即断した。

鈴鹿スカイラインは現在冬季通行止めだった、

湯の山温泉街を抜け最上部の駐車場に車を止めた。

駐車場から一の谷山荘辺りは路面工事中だった、

よって中道登山口横から山荘へ抜けたが、橋に負荷危険と表示があった、

どのくらいの負荷かは分からないが、危険なので使用しない方が良いだろう

P1030146z.jpg


山の家の横を抜けて中道に入った
この山荘から一の谷新道にもルートがあるため、入山時には気をつけたい
余談だが一の谷新道は登山道だが、本谷は地図に無いルートであり
入山時の基本である、自己責任を理解して楽しんで欲しい
P1030147z.jpg


始めは広い河原を軽快にあがる 
P1030148z.jpg 

やっと積雪が増えて来た
 P1030149z.jpg 

傾斜もきつくなり始めるころ
P1030150z.jpg 

谷には大岩が姿を現わす、何処を上がってもいいのだが、
今日は初本谷の方が居るため、無難に左岸より巻きあがる
P1030153z.jpg


いつもなら積雪に手こずる壁も問題無く通過
P1030155z.jpg 

今回はジョーズ岩をスルー、どのみち雨で濡れていたから穴にハマるのは遠慮した
P1030159z.jpg 

ロープウェイの鉄塔が見えてワイヤーが頭上を通過するころは、
ガスと雨に包まれてしまった 
P1030161z.jpg 

最後は作業道側には行かず、大黒岩の尾根まであがり、 

一の谷新道に合流してアゼリアに抜けました。

下山はロープウェイ予定だが、登行時間が思ったより早かったため、 

表道経由にてスカイラインの駐車場にたどり着いた、 

ゆっくり休憩を入れて5時間の工程であった。


スポンサーサイト
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top