FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

小屋番日記

  // 

残雪のテーブルランド  

今日は久しぶりにショートトレイルに出る、目的地は御池岳だ、

入山は藤原大貝戸登山口、下山は鞍掛峠その後ロードにて藤原に戻る、 

御池岳はほぼ一年ぶりだろうか、カタクリから御池岳のルートは2年振りとなる、

果たしてルートを覚えているだろうか。

天気予報が良かったのだろう、沢山の入山者があった
 
雪解け後は浮石が出やすい
下山時に踏むと転倒しかねないため小石を脇にどかしながら上がったが
時間を掛けすぎてしまった 
 

今年2度目の藤原に来た、今日は展望丘には行かずトイレの掃除のみ 
相変わらず扉の動きは渋いが綺麗に使われている
もっとも先週も掃除に
上がったメンバーがいたようだ、お疲れ様である
 

巨大なケルン越しに展望丘を仰ぐ、今年は本当に雪が少ない


天狗岩から藤原展望丘


頭陀ヶ平から見る御池岳が大きい、テーブルランドとはよく言ったものだ
 

白瀬峠を通過、以前あった道標がないが
 

カタクリ峠、道標のたもとにあったベンチが峠の奥に移動していたが 
すでに泥に埋もれてしまっていた、残念だ
 

暑くなってきた、真の谷を通過する頃は無風だ汗が噴き出す
丸山を越えた、奥の平が近い
 

今日の目的地の一つに着いた、丁字尾根も見渡せる地だ
 

南を見れば遠くに竜ヶ岳がいた
 

広い山頂の御池岳に着いた、新緑の季節もいいが何も無い冬もまたいい
 

鈴北へのルートは植生保護が盛んだ、鹿が増えた為だが元を正せば・・である
 

幻想的な影が追いかけてきた、先を急ぐとしよう
 

これだけ道標が有ると。、伝えたい事が色褪せしまう
 

最後のピークに着いた、単独行にしては珍しく天気に恵まれた
おかげで暑くてたまらない1日だった
これから先日本の四季はどうなってしまうのか
 

鈴北からの下山はぬかるみの連続に体幹が鍛えられる
 

この先鞍掛峠に下山し、トンネルから麓のゲートまでランで下り

藤原の登山口まで戻った。

トータル10時間の行程となったやはりロードが一番堪えたが、

しばらくこの手の山行を増やしてみよう。

結局ルートは覚えていたが、地図とコンパスを多用した、

天気のいい日はナビゲーションで山を歩いてみるのもいいものだ、

ルートを気にしたのには理由がある、最近忘れが酷くなってきた為だ

カメラバッテリーを充電して、そのカメラを忘れてしまった 

バッテリーだけがポケットに入っているという間抜けさに加えて

スマホの予備バッテリーも持参していたが、 

充電切れでただのウエイトに成り下がったというオチ付きだ

リスク回避能力の低下に恐れ入る・・・


スポンサーサイト
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top