FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

小屋番日記

  // 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

秋の鞍掛から御池岳 

御池岳 鈴鹿山脈最高峰と言われる地がある
山頂は台地を醸しており見渡す限り平地が続く
そしていつしかテーブルランドと呼ばれるようになった

この週末はこの地に於いて登山イベントが開かれる
第四回いなべ山女子フェスタだ
昨年はあいにくの降雨にて登山は叶わなかったが
前日に行われた青川キャンピングパークのWSは好評であった
今年はどんな出会いや感動が待っているのか期待したい

10月19日イベントの下見を兼ねて久しぶりに御池に向かった
秋の紅葉シーズンだが日本庭園には青々とした苔が広がる 

国道306号線三重県側鞍掛トンネルのたもとより
10分も歩けば県境稜線の鞍掛峠にでる
鈴鹿山脈全山縦走の時に通過した峠だ

峠からなだらかな傾斜を上がれば自然林が待っている
この辺りは幸運にも薪や炭への活用を免れた林の様だ
 

気持ちよく標高を上げると空が明るくなり
紅葉が進み鈴北岳までなだらかな樹林帯が続く

鈴北岳を越えると日本庭園と呼ばれる大地に踏み込む

そこには苔むした台地が広がる空間がある
夜ともなれば一桁になる気温にも関わらず
未だに青々とした奇妙な大地が広がる

御池岳はドリーネが点在する日本庭園を越え
石灰岩地帯をひと登りすれば辿り着くことができる
実際のところ鈴鹿山脈最高峰の称号はあるが
お世辞にも見晴らしが良いわけではない

御池岳から30分も歩けばボタンプチと呼ばれる場所があり
この地からは鈴鹿や滋賀の山々が遠くまで見渡せる

奥の平周辺は広々としたカルスト台地がある

御池岳周辺テーブルランド一帯は
何処をどの様にも歩けてしまう台地ではあるが
ガスのある時は方向が分からなくなるから気を付けたい
また確かにどこでも歩けてしまい開放的なのだが
人の痕跡、踏み跡は最小限にとどめたいものだ


スポンサーサイト
いなべ山女子フェスタ  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。