FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

小屋番日記

  // 

八ヶ岳アイスクライミング  

2019年1月2日3日
八ヶ岳にてアイスクライミングを講じてきた
今回の目的はアイスが初めての方に
安全に楽しく学んで頂くのが目的である

今回も赤岳鉱泉をベースにしたまったり山行であるが
いつも変わらぬもてなしに、改めて山荘の有難みを
感じたのだった

今回はアイスに特化した装備を準備した

いつもの様に赤岳山荘に車を止めさせて頂き
美濃戸より北沢を赤岳鉱泉に向け入山する

北沢は要所要所に橋や木道が整備されており
安全に且つ確実に鉱泉まで入る事が出来る

赤岳鉱泉では巨大なアイスキャンディーが待ち構える
今回は手違いによりアイスキャンディーを食せ無かったが
次回来る時は頂くとする

赤岳鉱泉では各種レンタルが充実している
装備を持たずに来る方はいないと思うが
新しい装備を試してみるには最適な環境だろう

高価な冬季ブーツも多種あり
購入前に一度足を入れてみるのもいいだろう

1日目は大同心裏ルンゼF1にて登攀練習を実施
トップロープを張るためフリーで上がる

今回参加の方は初めてのアイスであったが
意外にもすんなりと上がって来れた
聞けば必死で中間は何も覚えていないとか
登攀あるあるだが壁に立ち込む姿勢は良かった

人生初めての懸垂下降
バックアップは取っているので危険は無いが
本人は下降を楽しむ余裕があったようだ

ひと登り終えて西日に余韻を味わう

翌2日目はジョウゴ沢に入渓する
F1だがとりあえずスルーした

ジョウゴ沢F2に取り付く
初心者には無理と判断して一度は巻き上がったが
上部の状態が良くなくF2を懸垂で降りて
登り返す事にした

F2の中央核心を避けて左より抜ける
最後のクラストした棚以外は良く締まった氷だった

F2はルートが数本とれる為人気のフェイスらしいが
取り付きを遅らせたため以外にも空いていた

ひと登り終えて帰還する頃には
Styleはもうその筋のものになっていた

下山予定を1時間押している為早々に撤収
F2は良い壁だったがもう少し育ったらまた来ようと思う

アイスキャンディーと大同心
自然の氷瀑も良いがアイスキャンディーも中々良い

赤岳鉱泉を離れ八ヶ岳を後にした


八ヶ岳はどの季節に訪れてもはずれが無い
冬季縦走からアイスクライミング
そしてミックスからドライまで多彩だ

飽きる事のない八ヶ岳にまた来るとしよう

スポンサーサイト



山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top