FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

小屋番日記

  // 

謹賀新年 2019年1月1日 

2019年1月1日はここから始まる

謹賀新年 あけましておめでとうございます

また新しい一年 2019年がはじまりました

本年もよろしくお願いいたします


竜ヶ岳の山頂より初日の出を堪能する


昨年は西穂高に浮気したが
やはり一年の始まりはこの山からが筋だろう
深夜2時半、竜ヶ岳の登山口宇賀渓よりスタートだ

暗闇の林道を移動し遠足尾根より入山する

新道分岐まで無風、暑いくらいだ

遠足尾根の樹林帯を抜けると先行者を発見
鈴鹿の山で知り会えた二人だ、今年もよろしく

徐々に東の空が明るくなってきた

竜ヶ岳山頂手前の小ピークから
暫しマジックアワーを見入る

それなりに風があり体感温度は低いのだが
辺りが光に満ちてくるとほのかに気温が上昇してくる

日の出まであと15分くらいだ
そろそろ山頂に向けて移動を開始

山頂では10名ほどの登山者が日の出を待ち構えていた
風はそれほどでもないがやはり竜ヶ岳の山頂である
からだの芯まで冷えてくる

念願の太陽が上がる
近年にない見事な御来光だ
陽光に照らされ体が暖かくなるのを実感できる

今年も良い年になればと願いを込める

風に乗ってガスが上がってきた、皆思い思いに下山を急ぐ
fc2blog_201901121113062c2.jpg

振り向けば風に飛ばされたガスの切れ間から
竜ヶ岳の雄姿を拝むことができた

自然の風がもたらす造形による風紋が美しい

遠足尾根ホタガ谷分岐周辺は
今年も雪庇が張り出している
今年もホタガ谷側にて雪洞掘りを行う予定だ


毎年のように繰り返される初日の出登山
今年で25年目を迎えた

年越し雪中泊時代を入れるとかれこれ
30年近く元旦を山中で過ごしている

その間何回か山域が変化はしたが
いつも思いは同じだったように思う
山への変わらぬ思い・・

今年もよろしくお願いします
2019年1月1日 元日




スポンサーサイト



いなべ市の山  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top