FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

小屋番日記

  // 

竜ヶ岳雪洞作り 

2月3日 毎年恒例にしている
竜ヶ岳の遠足尾根にて雪洞掘りを行った

今年は各地で積雪が殆どなく
この竜ヶ岳も例外なく雪が少ない

宇賀渓につながる国道421号線に雪が積もったのは
たった1日だけというのは近年稀にみる少なさだ


汗をかくほどの好天に恵まれ、遠足尾根新道を登る
尾根に上がればそれなりの積雪だが
やはり少なくて拍子抜けする

遠足尾根から金山尾根に上がる手前に
ホタガ谷分岐があるがこの斜面が絶好の雪洞ポイントだ
積雪量は3mほどある


先ずは入り口を切り開く
雪洞は入り口が肝心である
快適な雪洞は中は広く入り口は小さくが基本

今日は雪洞体験として参加者に来てもらった
初スノーシャベル初雪洞

江戸間の1畳ほどに広げて中に入る
積雪が少ない為天井が低くて若干窮屈ではあったが
それなりの大きさに掘る事が出来た
雪洞ビバークのセオリーとしてフロアは入り口より高く
そして入り口は小さくが基本である
中で火をおこすと温まりやすく風が中に入りにくい
また小さい入り口はシートやザックで蓋ができるため
風が強い時など雪洞泊は全く風を感じない
快適な一晩快適に過ごすことができる

雪洞内にて定番の鍋パーティー
やはり鍋は温まる、寒い冬には欠かせないメニューだ
今日はホタテと鱈と焼豆腐の鍋を頂いた


毎年降雪後竜ヶ岳の中道と雪洞を楽しみにしているが
今年は中道には行けずに冬が終わる気配となってしまった

雪洞は参加者ができ楽しむ機会が増えると感じているが
当然積雪があっての遊びである雪多かれと願うのみだ



スポンサーサイト
山行記録  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top